平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>過去のメルマガ>2010年05月02日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年05月02日


1)先週相場の概観

先々週末引け値との比較で、

ダウは、196ドル安(-1.8%)
日経平均は、143円高(+1.3%)
上海総合は、113ポイント安(-3.8%)
ドル円相場は、上下はありましたが、変化なし

為替の円高が止まっている状態で、日本の株だけが好調で、
米国株と中国株は下げました。

とくに、中国株は安値を更新しています。

詳しくは、添付ファイルの soubahyou100502 を参照して下さい。

今後は、月末時点での比較を、翌月初めに掲載しようかと
考えています。

2)先週発表された経済指標と相場展開

経済指標は添付の ecolendar100502 を参照して下さい。

先週のハイライトは、FOMC(連邦公開市場委員会)でした。
大方の予想通り、政策変更はありませんでした。

ポイントは、「長期にわたり、異例の低金利」の文言は、継続です。
労働市場の改善がスタートし、家計支出も高まり始めたと、
FRB(連邦準備制度理事会)は見ています。

確かに製造業は、回復して立直りました。
シカゴPMIが良い数値で、株式相場を少し上げました。

個人消費も上向きです。今年はイースター(復活祭)休暇が、
3月に前倒しになりましたので、3月の消費は好調でした。

4月に反動減が考えられましたが、健闘している数値が出ています。
例えば、ICSC(国際ショッピング・センター評議会)やレッドブックの
売上は、好調さを維持しています。

また、先週発表された、消費者信頼感指数や、ミシガン大学の
消費者心理指数の確定値でも、4月後半に消費が持直したことを
示唆しています。

第1四半期GDP速報値が発表されました。
成長率は、予想よりも低かったですが、個人消費が貢献し、
最終売上は良い内容でした。

ケース・シラー住宅価格指数も出ましたが、GDP同様
株式相場には、影響を与えませんでした。

先週の相場に大きな影響を与えたものは、FOMCミーティングでも
経済指標でもありませんでした。

「GG」問題です。ギリシャとゴールドマン・サックスです。
この2つは、今後も相場を動かします。

米国経済の好調さで、ドル円相場は、ドルに有利に働いています。
また、ギリシャ問題は、ユーロの対ドル相場を上下させていますが、
結果として、ドル円相場には中立と言うよりも、
ドルにプラスになっています。

日本では、CPI(消費者物価指数)や失業率等が発表されましたが、
いつもの通り、株と為替相場には、影響はありませんでした。

中国では、不動産バブルへの当局の対応に懸念が増大し、
株価にネガティブに働いています。
また、人民元切り上げ観測は、静かになりました。

3)来週発表予定の経済指標と相場展開予想

経済指標については、添付の ecolendar100502 を参照して下さい。

雇用統計の週です。動きがあると思いますが、指標を予側して
その後の動きを占うのは、困難な雇用統計です。

ある程度改善することがコンセンサスですから、予想値に届かない
場合は、株も為替も少し下げ(株安・ドル安)方向と考えます。

しかし、大幅に雇用者数が増加するケースでは、株と為替は
大きく上げることもあり得ます。

雇用統計は、最も重要な経済指標ですが、上述の「GG」が
相場を左右すると考えます。

テクニカル面は、添付のチャート dow100502 を参照して下さい。

ダウの来週の予想は、下値10800ドルまでを考えておけば
良いと思います。相場の下向きは継続だと思います。

日本は基本的にお休みですから、予想値はありません。

中国は、添付の shanghai100502 を参照して下さい。

来週は下げ一服で、3000ポイントを目指す週だと考えます。
しかし、その後はまた…。

また、参考のため、 dowsanzon100502 を添付しておきます。
ダウが、少し深押しするケースです。

ドル円相場は明確なトレンドが出ていません。
しばらく、ボックス相場ではないでしょうか。

チャート上、ドル反転の可能性は否定しませんが、
今回のドル安の根本原因が解決されていません。

「ドル余剰」です。

しかし、現在は「ユーロ危機」です。
ドルが買われやすい地合いです。

中国株の変調が、何かの兆しを物語っているのか、
少し考える必要がありそうです。

ストレートに、中国株安→中国経済成長鈍化→日本の輸出企業の
業績悪化→日本の景気悪化→円安と日経平均安になるのでしょうか。

バルチック海運指数は、それほど下落していません。
上海万博が開催されました。

この辺のところを整理しておかないと、次の展開に何か
影響があるかも知れません。

もしかすると、杞憂に終わるかも知れませんが…。


2010年05月02日 14:30記述


                    ページ・トップへ     ホームへ