平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>過去のメルマガ>2010年07月31日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年07月31日


昨日で7月相場も終わりました。
各市場のパフォーマンスをチェックします。

添付の soubahikaku100731 を参照して下さい。

先週の米国株式相場は、横ばいでした。
ダウとダウ輸送株は上昇し、
ナスダックとS&P500は下落でした。

週の初めが高く、週末に安い「への字」型でした。

一方日本株は、そこそこ健闘して、
小幅上昇しました。

上海総合指数は、節目の2600ポイントをクリアし、
強い展開でした。

金融引き締め懸念が遠のき、大型の新規上場もなく、
相場の雰囲気は良くなっています。

日本株の好調さは、米国よりもアジア株の好調さに
より大きな影響を受けたようです。

月間騰落は、今年の最大の上昇を記録しています。
チャートでは、黄色の部分です。

5月6月と大きく下落した反動です。
このことはドル・ユーロの為替相場とも
同じ流れです。

米国経済の回復に疑問符がつき、
ドル安になっています。

ドル円は金曜日に今年の高値をつけました。
ドルは粛々と下げています。

米国が景気対策を打つと、ドル安要因のものが
多くならざるを得ません。

しばらく、米国とドルの弱さが目立っていますが、
そのうち、ユーロの弱さに再度焦点が当たると思います。


2010年07月31日 15:00記述


                    ページ・トップへ     ホームへ