平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年07月15日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年07月15日


ABCニュース消費者快適指数


7月11日現在のABCニュース消費者快適指数は、
前週比-2の-44と発表されています。

グラフは
http://www.yuji-hiramatsu.com/maguchart/100715.html

昨日発表された、6月米国小売売上は前月比-0.5%で、
2ヶ月連続してマイナスを記録し、
個人消費の弱さが浮き彫りになっています。

7月に入ってから、このABCの消費者快適指数も、
引き続き回復を見せていません。

グラフからも、今回の不況の深刻さがよく分かります。
底打ちしてから、回復中ですが、
頭打ちのレベルも見えています。

今後、この指数は少しは上昇するのでしょうか?
予断を許しません。

個人消費は、米国のGDPの3分の2以上を占める、
大きな最終需要項目です。

7月と8月は、クリスマス・セールほど大きな売上では
ありませんが、米国の小売業には重要な時期です。

この時期のことを、「新学期セール」と呼んでいます。
英語では、 Back to school sale と言います。

消費者心理が好転しないと、消費は持直しません。

今週は、ミシガン大学消費者心理指数速報値も出ます。
昨年春から開始した、景気回復過程に、
少し疲れが出始めている時期なのかも知れません。

注意深く、消費関連指数をチェックすることが必要です。

日米とも、金利は上昇しない局面です。
ドル安はまだまだ継続しています。

株式相場も難しい局面です。


2010年07月15日 13:30記述


                    ページ・トップへ     ホームへ