平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年08月05日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年08月05日


ABCニュース消費者快適指数


毎週発表される、米国3大ネットワークの一つ、
ABCニュースが実施している消費者快適指数の
最近のデータが出ています。

8月1日の指数は-50でした。
先週は-48でしたので、さらに2ポイント悪化して、
今年最悪のレベルと並びました。

過去の最低レベルは、リーマン・ショック後の
-54ですから、そこまであまり余裕がない状態です。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/maguchart/100805.html

を参照して下さい。

米国経済が不況になって以降の、
2009年からのグラフです。

トレンドは少し上向きですが、過去25年間の平均値と
比較すると、現在の絶対値が低いのが直ぐに分かります。

25年平均は-13で、現状は-50です。
また、この2年間の平均は-47ですから、
今回の不況の根の深さが分かります。

この指数は、「0」で中立となるように設計されています。
最高は+100、最低は-100です。

高い失業率と再就職の難しさが、
米国民の心理状態を暗くしています。

今週末は雇用統計が発表されます。
その数字によって、相場は大きく振れると思います。

しかし、ABCニュースのような民間部門が行っている
経済調査と政府が発表する経済指標に差を感じます。

政府の発表する指標は民間に比べると、
実体経済が良く映ります。

本当でしょうか?
私は少し「眉唾」に感じてしまいます。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2010年08月05日 11:40記述


                    ページ・トップへ     ホームへ