平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年08月14日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年08月14日


ホテル客室稼働率


8月7日で終了した1週間のホテル客室稼働率が、
スミス・トラベル・リサーチ社から発表されました。

この指標は毎週発表されるので、ライブの米国経済の
一面を見ている臨場感があります。

稼働率は、前年比+6.7%の70.2%でした。
前週の数値は、+6.8%の71.0%でしたので、
前年比では好調さをキープしているものの、
週次では、3週連続して下落しています。

恐らく、米国のホテル稼働率の今年のピークは
既に打ったものと思われます。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/maguchart/100814.html

を参照して下さい。

赤色の実線が4週移動平均ですので、今回のレベルは
赤丸で示したところです。

住宅バブル期を含む時期の平均的なレベルと比較すると、
さすがに少し下回っていますが、2008年の同時期と
殆ど同じところまで回復しているのが分かります。

健闘していると思います。

気がかりなことは、エコノミー・クラスの稼働率が
上昇して、全体の数字を押し上げたようです。

料金は99.13ドルでしたので、これも前週の
99.27ドルよりは少し下落しています。

今後の動向は、夏休みが終わりホテル客室稼働率は、
下落し始めます。

前年比でプラスを維持するのか、2008年比では
どうなるのか、興味深いです。

これからはとくに2008年秋のリーマン・ショックで大きく
落込んだ時期に重なります。

最近の米国経済の減速傾向が続くのか。
それがホテル客室稼働率にどのように
影響するのか。
毎週チェックします。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2010年08月14日 14:30記述


                    ページ・トップへ     ホームへ