平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年08月26日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年08月26日


米国の物流状況について


昨日、ATA(全米トラック協会)から、7月のトラック貨物
輸送指数の発表がありました。

トラック貨物輸送は、鉄道貨物輸送と並んで、
米国経済を支える非常に重要な産業です。

トラックの取扱量は、鉄道貨物輸送をはるかに上回る
大きな輸送量で、貨物輸送全体の7割程度を占めています。

7月の指数は、季節調整後で6月比+1.5%と上昇しましたが、
6月は下方修正され、-1.4%から-1.6%と下落が大きくなりました。

季節調整なしの指数では、7月は前月比-5%と
大きな下落を示しています。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/maguchart/100826.html

を参照して下さい。

全米トラック協会の主任エコノミストの、ボブ・コステロ氏は、
「米国経済はスロー・ダウンしている。貨物量は4月から
横ばい状態が続いている」と発言しています。

トラック業界も、他の産業と同様に、人員削減しています。
先日も解雇されたトラック運転手が、銃の乱射事件を
起こしたことも記憶に新しいです。

トラック台数も減らしています。
そのため、今後の荷動きの増減は、この指数に与える影響が
過去数年よりは大きくなっています。

住宅市場は既に二番底に突入しています。

物流が今後どのように動くのか、米国経済の
底辺の部分の動きが垣間見えます。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2010年08月26日 13:00記述


                    ページ・トップへ     ホームへ