平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年09月02日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年09月02日


最近の米国消費者動向


明日は、チェーン・ストア売上が発表されます。
恐らく良くても前年並みでしょう。
悪化している可能性が高いと思います。

これまでに入手可能なデータを整理してみます。

8月28日で終了した週の、ショッピング・センター国際評議会
(ICSC)の売上は、前週比+0.1%、前年比+2.8%でした。

同様に、レッドブック・リサーチ社発表の大型小売店の
既存店売上は、前年比+3.0%でした。

気温が高く、秋ものが売れなかったようです。
新学期セールも不発の模様です。

信頼性の高い調査会社の一つ、ギャラップ社が行っている
消費者が1日に使う金額を調査したものがあります。

8月29日で終了した週は、小売店・レストラン・ガソリンスタンド・
オンラインショッピング等で1日に使った金額は61ドルでした。

昨年の同時期は56ドルでしたので、当該週は前年比では
少し改善を示しています。

しかし、8月1ヶ月の平均値は63ドルで、
昨年の65ドルを下回っています。
しかも、5月を天井に6月7月8月と下落しています。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/maguchart/100902.html

を参照して下さい。

上段が、ギャラップ社の調査、下段がABCニュース
消費者快適指数のグラフです。

ABC調査では前週に比較して少し悪化しています。

先日までに発表を終えた、ミシガン大学消費者心理指数や
カンファレンス・ボード消費者信頼感指数は、
ともに若干の改善を示しましたが、
今後は下向きになると考えられます。

昨日発表された、8月新車販売台数も減少しています。
週末の雇用統計でも、恐らく雇用の改善はないと思います。

消費者の行動は慎重だと思います。
小売売上や個人消費は盛上らずに、
「ニュー・ノーマル」を実践していると思います。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2010年09月02日 14:00記述


                    ページ・トップへ     ホームへ