平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年09月10日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年09月10日


米国消費動向


昨日発表がありました7月の米国貿易赤字は、
予想を下回る赤字の減少でした。

先日レポートした西海岸の荷揚げ動向からは、
輸入は大きく増加し、輸出も増加しましたが、
輸入ほどの伸びではありませんでした。

そのため、7月の貿易統計も6月同様に、
赤字幅が拡がるのではないかと考えました。

その考えの間違いは、荷動きは数量ベースで、
金額ベースではないので、性格には貿易赤字の
拡大を占えないと書きましたが、その通りでした。

また、荷動きの数値は季節調整がなされていません。
この季節調整が大きな影響を持つことがあります。

結果的に、輸入が減少し輸出が伸びました。
今回の貿易統計は、第3四半期のGDPには
プラスの効果があります。

さて、消費が好きな米国民が、消費を抑制している
調査結果が出ています。

米国株式・債券相場は、景気減速と、減速感後退で、
毎日行ったり来たりしています。

信頼性ある調査会社のギャラップ社が出した
調査結果です。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/maguchart/100910.html

を参照して下さい。

米国民の1日あたりの消費支出額です。
平均額は7月の68ドルから5ドル低下し63ドルです。
昨年のレベルになりました。

8月は新学期セールで小売店には大切な時期です。
今後クリスマス・セールに向けても、消費の
盛上りは期待できそうにありません。

この調査は、全米50州の15000人以上の成人へ
電話で聞き取り調査したものです。

所得の多寡にかかわらず、消費は減少しています。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2010年09月10日 14:00記述


                    ページ・トップへ     ホームへ