平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年10月14日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年10月14日


鉱工業生産の先行指数


セリディアンUCLA景況指数が発表されました。

この指数は、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)と
セリディアン社が共同で、毎月中旬に発表されている指標です。

リアル・タイムのディーゼル油消費量の動向で、
経済活動を分析するものです。

また、この指数は、FRBが発表する鉱工業生産指数に
先行することを目指していますが、歴史の浅い指標で、
鉱工業生産指数との月々の誤差が大きいです。

そのため、その他輸送データと合わせて使用すると、
誤差を縮小できるのではないかと思います。

指数は8月の-1.0%に引続き、9月も-0.5%と低下しました。
2ヶ月連続して前月比で低下するのは、09年1月以来、
1年半ぶりです。

過去4ヶ月で見ると、指数は成長を示していなく、
弱い状況が続いています。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/maguchart/101014.html

を参照して下さい。

ディーゼル油を使用するトラック輸送や工場の稼動が前月より
減少していることを、燃料使用量が物語っています。

また、同指数で予想される第3四半期GDP成長率は
+0.7%〜+1.7%とのことで、経済成長の緩やかな
鈍化が見られるとのことです。

経済指標を見ずに、量的緩和を織込む流動性相場ですから、
この程度の指標では、相場は無反応でしょう。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2010年10月14日 14:00記述


                    ページ・トップへ     ホームへ