平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年11月15日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年11月15日


太陽の黒点と経済活動


今回は、今までの解説とは少々趣が異なります。
太陽の黒点の数と経済活動の関係で、
面白いグラフを見つけましたのでご紹介します

米国の金融関連調査出版会社の
マクラレン社の作成したグラフです。

http://www.yuji-hiramatsu.com/maguchart/101115.html

を参照して下さい。

古くから太陽の活動と経済の関係についての
研究は多くなされています。

また、経済変動のサイクル理論も数多くあり、
有名なところでは、コンドラチェフの波があり、
50〜60年の技術革新サイクルがあるとされています。

天体の動きと相場変動の関係に着目して、
占星術と相場展開を結びつけるやり方もあります。

さて、グラフに移ります。
太陽の黒点数のピークは11年サイクルで、
失業率のピークに約3年先行するとのことです。

グラフは、黒点数のグラフを3年先にずらして、
失業率のピークと合うように調整しています。

ピークの例外は、いくつか存在していて、
オイル・ショックや朝鮮戦争や住宅バブル等です。

そのようなときは、政府や中央銀行が特別な
政策手段を実施していて、人間本来の経済活動とは
少し違う局面だとのことです。

2009年8月に黒点の数は底打ちしたようで、
失業率は2012年夏に向けて下落する可能性があります。
しかし、その後は再び失業率は上昇局面になります。

相場は人智を超えたところにありますが、
経済活動も複雑で分析するのは難しいです。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2010年11月15日 09:50記述


                    ページ・トップへ     ホームへ