平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年11月30日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年11月30日


地区連銀経済指標


昨日は、全米の経済指標の発表はありませんでしたが、
各地区連銀から、製造業関連指数が発表されました。

11月ダラス連銀製造業景況指数は13となり、
10月の7から上昇し、3ヶ月連続でダラス連銀地区の
製造業は改善を示しています。

また、シカゴ連銀からはCFMMI(シフミー)の発表があり、
10月は80.9となり、9月の80.3から指数で+0.6、
パーセントでは+0.7%の上昇でした。

CFMMIはChicago Fed Midwest Manufacturing Indexの略で、
域内(イリノイ州・インディアナ州・アイオワ州・ミシガン州・
ウィスコンシン州)の主要製造業の産出高の月次予測指数です。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/maguchart/101130.html

を参照して下さい。

これで、各地区連銀からの製造業景況指数が出揃い、
全米の製造業の方向性がぼんやりと見えてきました。

ニューヨーク連銀指数が予想に反して下落しましたが、
その他の地区連銀指数は総じて堅調でした。

来月発表される鉱工業生産指数は改善を示すものに
なるだろうと考えられます。

量的緩和に対する色々な意見が出ていますが、各連銀総裁も
賛成反対の独自の意見を持っています。

グラフに、12地区連銀の地図と総裁名と、「ハト派」「タカ派」の
区別を載せておきました。

ハト派・タカ派の区別は絶対的なものではありませんので、
注意して下さい。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2010年11月30日 12:00記述


                    ページ・トップへ     ホームへ