平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年12月03日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年12月03日


米国住宅市場動向


昨日、NAR(全米不動産業者協会)から、
10月中古住宅成約指数の発表がありました。

指数は89.3で、前月比+10.4%と大きくジャンプしました。
住宅市場が二番底にいる中で、久し振りに良いニュースです。

この指数は、中古住宅販売に先行すると言われています。
住宅売買契約完了には、大体4〜6週間要するので、
1〜2ヶ月程度の先行性であると言えます。

2001年の契約数の平均を100として指数化し、
その後修正が継続的に加えられていて、全米の契約の
20%程度をカバーしているとされています。

住宅バブル崩壊後の米国では新築住宅よりも、
中古住宅の方が10倍以上も市場は大きいので重要です。

今後発表される、11月と12月の中古住宅販売は、
この結果で、良い数字が出てくることが予想されます。

米国住宅市場がバブルではなく平常のレベルにまで戻るには、
まだまだ改善する必要があります。

空室率も高く、住宅ローン返済遅延に伴う差押えや
競売も高水準ですから、本格的な雇用改善が必要です。

クリスマス消費は事前の予想より力強く拡大していて、
今夜発表される雇用統計は、民間部門の雇用は
伸びると予想されています。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/maguchart/101203.html

を参照して下さい。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2010年12月03日 12:40記述


                    ページ・トップへ     ホームへ