平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年12月22日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年12月22日


クリスマス消費は好調維持


ショッピング・センター国際評議会(ICSC)が発表した
12月18日までのチェーン・ストア週間売上は、
前週比+1.7%、前年比+4.2%と、クリスマスまで
1週間を残すのみとなり、好調さを維持しています。

また、レッドブック・リサーチ社の発表した同時期の
大規模小売店売上は、前年比+3.8%とICSC同様に
好調継続を示しました。

しかし、レッドブック・リサーチ社では、年末商戦が
成功裏に終了したと言うには時期早計だと、
慎重姿勢を崩していません。

米国3大ネットワークの一つABCニュースの
消費者快適指数の発表もありました。

12月19日までの週間ABCニュース消費者快適指数は、
前週から2ポイント改善して-41となりました。
同指数は139週間連続で-40を下回っていまが、
今年のベストのレベルと並びました。

来週には、-40から脱出するかも知れません。
消費者のマインドも雪解けしてきました。

ブッシュ減税が2年間延長され、景気押上げ効果が
あると言われています。

オバマ民主党が中間選挙で共和党に大敗したために、
政策的に共和党に妥協せざるを得ず、共和党員は
溜飲を下げたものと思われます。

ABCニュースの調査でも、共和党支持者の
消費者快適度は、民主党指示者に比べ、良化しています。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2010maguchart/101222.html

を参照して下さい。

また、ショッパー・トラック社が実施している調査では、
スーパー・サタデー(クリスマス前の最後の土曜日の
先週12月18日)の全米小売店売上の見込み額は、
75.8億ドルで(約6000億円)で、前年比+15.1%と
飛び抜けて上昇しています。

また、人出も多く前年比+10.1%と増加しています。

株価上昇、個人消費堅調、残すは2つです。
雇用増と住宅市場です。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2010年12月22日 12:20記述


                    ページ・トップへ     ホームへ