平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2010年12月25日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2010年12月25日


ウェルズ・ファーゴ/ギャラップ中小企業指数


この指数は、米国西海岸を拠点とする大手銀行の
ウェルズ・ファーゴ銀行と世論調査等で有名なギャラップ社が、
共同で調査したものです。

調査方法は、11月4日から10日にかけて、全米604の
中小企業オーナーに、電話調査をした結果の総合指数です。

具体的な個別中小企業の抽出方法は、企業情報会社の
ダン・アンド・ブラッドストリート社のデータベースから、
年間収入ベースで、2000万ドル(約16億円)以下の
中小企業を無作為抽出したものです。

質問内容は、現状と将来の2大項目で、ビジネスの状況・雇用・
信用状況等をそれぞれ指数化して、総合指数を出しています。

7月の指数は-28の過去最低を記録していましたが、
今回は大きく改善して、-4のレベルになりました。
2009年4月と同じ水準に戻りました。

改善スピードが速いとも言えますが、依然マイナス圏だとも
言えます。

グラフは、

http://www.yuji-hiramatsu.com/2010maguchart/101225.html

を参照して下さい。

今回の調査で注意したい点は、調査時点ではブッシュ減税の
延長が決まっていなかったことです。

ブッシュ減税延長の恩恵は中小企業オーナーが大きく
受けると考えられますので、その後のクリスマス消費が
大きく伸びたことを考え合わせると、合点がいきます。

量的緩和第2弾で株価が上昇し、資産効果が消費の
背中を押しています。

米国の雇用の半分以上を担っている中小企業の中で、
将来(向こう12ヶ月程度)雇用を増加させようと考えている
企業数が増加してきました。

緩慢なペースですが、雇用も少し明るくなるのかも知れません。
後は、雇用増加の実現と住宅市場の回復です。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2010年12月25日 11:00記述


                    ページ・トップへ     ホームへ