平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2011年01月07日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2011年01月07日


米国ネット・ショッピング売上動向


昨年11月から12月の2ヶ月間の年末休暇消費の
ネット版データが入手できました。

米国では年末消費が大きな比重を占めていることは
周知の事実ですが、ネット・ショッピングでも同じことが
言えます。

ネットでのトップ10売上日は、やはり年末商戦時期に
集中しています。

因みに、ネット売上の最大の日は、サイバー・マンデーでした。
昨年は感謝祭の翌月曜日で11月29日でした。

続いて、12月13日の月曜日でした。
この日はグリーン・マンデーと呼ばれ、オンライン大手の
イーベイ社等が提唱して、グリーン・マンデーを
盛り上げているようですが、グリーンの意味は不明です。

第3位は12月6日でこれも月曜でした。

第4位は12月17日で、送料無料の特別セールを
実施した「フリー・シッピング・デー」でした。

2ヶ月間の売上は約326億ドル(約2兆6000億円)で、
2009年との比較では12%増でした。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2011maguchart/110107.html

を参照して下さい。

週別の売上を時系列で表示しています。
オンライン売上は、実店舗での売上と比較すると
景気に対する感応度は高くないようです。

ネット販売そのものが成長段階にあるため、多少景気が
悪くても全体の販売額が伸びる傾向があります

各週の売上が右上がりになっていることから、
そのことは言えそうです。

景気が悪い場合でも、人間の心理状態が
端的に出るものだと感じます。
それは、実際にクリスマスが近づくと消費が
増加して、思わず買ってしまうことです。

このことは、ネットに限らずいろいろな仕事で
応用できるものだと思います。

昨年のクリスマス後は北東部を大雪が襲い、
消費者の客足が落ち、消費が制限されたと報道されて
いますが、ネットは逆に増加しているのではないかと
心の中で考えていました。

しかし、実際は違いました。
やはり、アフター・クリスマスはネットでも消費が
減少しています。
天候と言う背中を押す要因があったにもかかわらず、
消費支出は減少しています。

もっと伸びて良いと思うのですが…。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2011年01月07日 11:30記述

                    ページ・トップへ     ホームへ