平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2011年01月18日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2011年01月18日


航空輸送統計、


米運輸省交通統計局が発表した昨年10月の
統計によると、米国航空会社を利用した国内線
国際線定期便の乗客数は62.1百万人で、
前年比+5.6%でした。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2011maguchart/110118.html

を参照して下さい。

旅客数では住宅バブル期に迫る勢いで
回復しています。

米国の航空業界は、2000年春のITバブル崩壊、
2001年の9/11テロ、その後の景気後退の影響で、
2003年が最悪の年でした。

経済指標の多くが、住宅バブル崩壊で、
過去20年来最低の数字だとか、
統計を開始して以来50年ぶり最悪等々の
ものが多いですが、航空業界の住宅バブル崩壊の
影響はそれほどでもありません。

それでも、2009年と2010年の年初は2003年に
並ぶほど厳しいスタートを切りましたが、その後の
回復で見事に復活しました。

今後は、グラフを見て分かる通り、2月までは
低調な旅客数だろうと考えますが、その後は
ジャンプする方向だろうと推測します。

また、航空会社別の統計では、デルタ航空が頑張って
サウス・ウェスト航空を抜いて首位に立っています

空港別統計では、国内線利用旅客数が多い、
アトランタ空港がトップになっています。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2011年01月18日 10:30記述


                    ページ・トップへ     ホームへ