平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2011年01月25日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2011年01月25日


商業不動産価格指数


昨日は今年後半の商業不動産が回復する可能性を
米建築家協会建築請求指数で説明しましたが、
本日は、最近の状況について説明します。

商業不動産調査会社の一つ、コスター・グループから
11月末時点の商業不動産価格指数が出ています。

指数は、繰返し売買される商業不動産の価格指数で、
2000年第4四半期を100として指数化されています。

調査対象は、事務所用・産業用不動産、小売業用や
大型マンション等の売買事例を地域別に集計しています。

住宅価格指数で有名な、ケース・シラー住宅価格指数と
同じような計算方法を使用しています。

11月指数は、全米3指数とも下落していますが、
ニューヨーク市や首都ワシントンでは取引価格が
上昇していると報告しています。

投資適格不動産は前月比-4.1%でしたが、前3ヶ月で
8.1%上昇していますので、まだ余裕があります。
また、昨年初の低いレベルとの比較では、
まだ7.6%高い水準です。

一部の商業不動産ではローン返済遅延が増加傾向にあり、
金融機関では担保物権の処理をしているようで、
まだ価格には下落圧力がかかります。

しかし、一部優良物件は値上がりしており、二極分化している
ことが、投資適格不動産指数とその他の指数で分かります。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2011maguchart/110125.html

を参照して下さい。

近く発表予定の、ムーディーズ商業不動産価格指数の
先行指標としてコスター指数を見ていますが、どのような
結果が出るか興味深いです。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2011年01月25日 09:00記述


                    ページ・トップへ     ホームへ