平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2011年02月02日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2011年02月02日


レストラン・パフォーマンス指数


全米レストラン協会(NRA)から、12月の
レストラン・パフォーマンス指数が発表されました。

12月の総合指数は101.0で11月の99.9から
大きくジャンプして、業界の成長を示す100を上回り、
明るい2011年のスタートになったようです。

既存店売上と客数の双方とも増加しており、経営者は
今後の見通しにますます希望を持っているようです。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2011maguchart/110202.html

を参照して下さい。

発表された内容を細かく見ると、現状を示す現況指数は
僅かに100に届かず99.7でしたが、将来の見通しを示す
期待指数が大きく100を上回る102.4で、12月の
総合指数を押し上げていることが分かります。

昨年秋以降の量的緩和で、米国株が大きく上昇し、
年末のブッシュ減税の延長を受けて、更に上伸しました。

景気回復過程で、他の産業より遅く回復する特徴の
ある外食産業もようやく最悪期を脱して、成長が期待できる
段階に入ったようです。

現況指数がはっきりと100に乗せる日も近いでしょう。
米国は好循環に入っています。

中東の緊張が、原油価格を大きく上昇させなければ、
景気拡大と雇用の増加につながる可能性が大きく、
不振を極める住宅価格は、そのうち下げ止まるでしょう。

住宅価格は今年一杯下げ続けても、下げるピッチは
今後毎月縮小して行くと考えられます。

新築住宅建設戸数よりも、中古市場に出てくる担保物件等の
処分売りが峠を越えるまでは、住宅価格の上昇はありません。

もう少し時間がかかりそうです。
それまでは量的緩和を継続するものと思います。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2011年02月02日 09:00記述

                    ページ・トップへ     ホームへ