平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2011年02月14日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2011年02月14日


1月米国住宅差押え件数


リアルティー・トラック社が、住宅差押えのデータを発表
したところによると、1月の住宅差押え件数は、26.1万件で、
前月比では約1%増加、前年比でも約17%減少しました。

3ヶ月連続して30万件を下回りました。
その前は、20ヶ月連続して30万件を上回っていました。

差押え件数が少し減少しても、住宅市場の回復に
直結しないのではないかと考えられています。

銀行による住宅差押え行為に法律的な問題があり、
裁判が継続中の州もあります。

既に銀行の法律違反の判決が出た州もあります。

総じて、資金の貸し手は慎重になり、必要書類の不備を
なくすために手順を見直す作業を進めています。

住宅ローン返済遅延は件数でも金額でも2010年初を
ピークに少しずつ減少しています。

これは、今回の住宅バブル崩壊で、返済できない多くの
人々は既に住宅を手放したことを意味しますが、今後とも、
新たに返済遅延が発生する可能性があることを
忘れてはいけません。

その上、差押え件数が減少しても、銀行等が保有している
差押え物件の処分売りは継続して市場に出てきます。

また、差押え物件の合計金額が、住宅ローン全体の金額に
占める割合はむしろ増加しているのです。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2011maguchart/110214.html

を参照して下さい。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2011年02月14日 09:00記述


                    ページ・トップへ     ホームへ