平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2011年02月23日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2011年02月23日


1月ホテル産業現況指数


STR(Smith Travel Researchの略、スミス・トラベル・
リサーチ社)から、1月のホテル産業現況指数が
発表されました。

この指数は、STRがイー・フォーキャスティング・ドット・
コム社と共同で、米国のホテル産業の現況を知るために
開発した指数です。

総合指数は、インフレ率調整後の宿泊料金や
客室稼働率やホテル従業員雇用状況や経済指標のうち
ホテル産業に関連するものを集計して2000年を
「100」として算出されています。

業界では、Hotel Industry Pulse Indexを略して
HIPと呼ばれています。

総合指数のうち6ヶ月成長率は、歴史的にホテル産業の
転換点を示唆することが多く、長期的なホテル産業の
成長率は、過去38年間平均で+3.2%となっています。

1月の総合指数は、90.7となり、前月比+0.9%と
12月の+0.2%に引続き上昇しています。

指数が90を越えるのは2008年12月以来初めてで、
ようやくリーマン・ショック直後が見えてきました。

また、6ヶ月成長率は、+8.2%と、過去38年間の平均
+3.2%の倍以上のスピードで拡大しているのが分かります。

1月は悪天候で個人消費や生産が少し悪い状態でしたが、
ホテル産業は別世界でした。

当然、幹線道路が凍結したり、飛行場が閉鎖したりしましたが、
旅行やビジネス需要が旺盛です。

米国経済の立直りは、住宅等全然ダメな部分もありますが、
大したものだと感じます。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2011maguchart/110223.html

を参照して下さい。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2011年02月23日 09:00記述

                    ページ・トップへ     ホームへ