平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2011年03月26日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2011年03月26日


レーダーロジックRPX月間住宅市場レポート


レーダーロジック社から1月の住宅市場レポートが
発表されました。

同社のデータは、米住宅都市開発省が使用している
ことでも知られていて、不動産投資のリスク・ヘッジを
提供する金融デリバティブ商品である、RPXの
算出の基礎となっています。

RPXは、Residential Property Indexの略で、
全米25主要都市の住宅価格を日々計算して
市場指数として公表しています。

この毎日のデータを、月次報告の形式にしたものが
RPX住宅市場レポートです。

1月指数は下落し、住宅バブル崩壊後の安値を
更新してしまいました。

指数は前月比-3.8%と下落しましたが、前月比でも
-3.4%と下落しています。

1月は例年、不動産取引が低調になり、価格も下落する
傾向にありますが、より基礎的な要因で下落したと
言えます。

つまり、住宅供給が需要を上回り価格下落につながり、
返済遅延や返済不能が減少せず、差押えが増加している
からです。

主要25都市のうち24都市で価格下落を示しましたが、
世界の国際都市であるニューヨークは、アジアや中東等の
富裕層の資金が流入して価格上昇をしているようです。
これは12月と同じ傾向です。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2011maguchart/110326.html

を参照して下さい。

また、ケース・シラー住宅価格指数の予測で、20都市の
12月分を143と予測していましたが、実際は142.42でした。
今回は1月の同指数予測を141としています。

ケース・シラー住宅価格指数の下落も止まりません。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2011年03月26日 09:00記述

                    ページ・トップへ     ホームへ