平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2011年07月11日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2011年07月11日


5月レストラン・パフォーマンス指数


全米レストラン協会(NRA)から、5月の
レストラン・パフォーマンス指数が発表されました。

5月の総合指数は99.9となり、4月の100.9から
減少しました。

総合指数は、これで6ヶ月ぶりに節目の「100」を
下回ってしまいました。

ブッシュ減税延長で個人消費が盛り上がり、昨年の
第4四半期から好調をキープしていたレストラン
産業は、一息入れた格好となりました。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2011maguchart/110711.html

を参照して下さい。

外食産業と景気との関係は、景気が悪くなると、
一番初めに外食産業が不振に陥り、景気が
持ち直してくると、外食産業は最後に業績が
回復する傾向にあります。

洋の東西を問わず、節約するところでは、まず
外食費が削られるのです。

ソフト・パッチの可能性が喧伝されている米国経済
ですが、年後半以降、成長が取り戻せる前提で、
株価等が形成されています。

少し虫が良過ぎると感じます。

今回のリセッションから抜け出せたその殆どの
要因は、FRB(連邦準備制度理事会)の非伝統的
金融政策にあると思います。

つまり。ゼロ金利と量的緩和です。

米国経済はすっかりゼロ金利とじゃぶじゃぶの
流動性に慣れてしまい、FRBの援助なしでは
成長できない経済構造になった可能性があります。

このことは我々日本が既に経験したことです。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2011年07月11日 09:00記述


                    ページ・トップへ    ホームへ