平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2011年08月09日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2011年08月09日


デューク大学CFO調査


米国のデューク大学とCFOマガジン社が共同で、
14年以上継続実施している、企業の財務責任者に
雇用や賃金等、見通しを調査したものを、四半期毎に
発表しています。

今回は6月上旬に実施されたCFOのマインド
調査です。

CFOとはChief Finance Officerの略で、企業の
財務責任者のことを言います

調査対象のCFOは合計806人で、500人が米国、
118人が欧州、120人が中国を除くアジア、68人が
中国です。

上場会社から未上場会社、大企業から中小企業、
そして業種は広範囲にわたっています。

CFOの楽観度は2011年第1四半期の61%から
今四半期は57%と下落しています。

下落した原因は、米国経済の成長懸念、引続き欧州の
債務危機の重石、日本の大震災の影響及びエネルギー
価格の高騰です。

企業収益の見込みは+8%、資本支出は+9%と伸びを
見込んではいますが、前四半期よりは落込んでいます。

米国の雇用は+0.7%の増加と極めて緩慢で、この分だと
毎月の雇用増は10万人を切るような水準です。
勿論、失業率は来年も9%と予想していて、米国の雇用
からは、経済成長を期待しにくい状況です。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2011maguchart/110809.html

を参照して下さい。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2011年08月09日 09:00記述


                    ページ・トップへ    ホームへ