平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2011年09月20日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2011年09月20日


ビルドファクス住宅改築指数


ビルドファクス社から7月の住宅改築指数の発表が
ありました。

ビルドファクス社は、テキサス州オースティンと
ノース・キャロライナ州アッシュビルに本拠地を置く
ビルダラディアス社の一部門で、全米の建築許可の
データーベースを集積する唯一の会社です。

全米4,000以上の都市や郡の建築局から情報収集し、
現在では60億データ・ポイントを有し、全米の商業及び
住宅情報の約60%をカバーしていると言われています。

住宅改築指数は、全米各地の建築局から集められた
住宅建築許可件数に基づき2004年4月を「100」として
季節調整せずに、3ヶ月移動平均値で指数化されています。

また、指数には全米と地域の指数があります。

7月の指数は130.4と、過去最高を記録しました。
前年比では+24%と大幅な上昇ですが、前月比では
+0.6%と小幅です。

住宅市場の季節性から、8月一杯は良い環境が続くと
思われます。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2011maguchart/110920.html

を参照して下さい。

米国の財政赤字拡大、国債発行限度額の引上げ問題の
政治問題化、S&P社による米国債の格下げ、ギリシャを
始めとする欧州債務国問題等々、消費者のマインドを
冷え込ませる事柄が次々に登場しています。

秋に向けて、好調だったこの指数も頭打ちして下落しそうな
気配を感じます・

また、今後意識される可能性があることは、住宅の新築の
場合や中古住宅の売買では、当該不動産がきちんと
保険でカバーされていることが多いのですが、改築では
保険で資産価値がカバーされていないケースが多いと
聞きます。

災害等で資産価値が棄損する場合、将来のリスクに備えて
いないことです。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2011年09月20日 10:00記述


                    ページ・トップへ    ホームへ