平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2011年10月31日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート

2011年10月31日


9月AAR鉄道貨物輸送統計


米鉄道協会(AAR)が9月分の鉄道貨物輸送量を
発表しています。

季節調整後の9月の貨物車両数は前月比+1.1%で、
インターモダルと呼ばれる複合一貫輸送用のコンテナ
数量は前月比+1.0%を記録しています。

季節調整なしの数値では、貨物車両数は前年比+1.1%、
インターモダルは前年比+2.3%でした。

インターモダルが好調なのは、米国の輸出入が旺盛だと
言うことの証左です。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2011maguchart/111031.html

を参照して下さい。

取扱貨物の種類で、前年比大きく減少している品目は、
農産品と産業廃棄物です。

産業廃棄物は景気の鏡ですから、それが低調だと米国の
景気は落込んでいることになります。

しかし、既に鉄道輸送は春先にピークを打ったと判断しましたが、
8月以降の健闘ぶりは驚きです。

トラック輸送と同様に経済の基礎的な動向はそれほど大きく
疲弊していないとも言えそうです。

季節性からは、年末のクリスマス・セールのための輸入増が
米国内の鉄道やトラック輸送を増大させているとすると、
素直に米国経済の成長は再度増大する(先日発表された
GDPと同じ)と考えるか、年末消費に過度な期待をして
その期待が剥落する恐れがあり、景気と株価に逆に
要注意だと考えるかの2通りです。

読者の方はどう考えますか?


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2011年10月31日 09:00記述


                    ページ・トップへ    ホームへ