平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2012年01月01日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート
2012年01月01日


個人消費動向


ショッピング・センター国際評議会(ICSC)が
発表した12月24日の週のチェーン・ストア週間
売上は、前週比+0.9%、前年比は+4.6%とかなり
好調でした。

レッドブック・リサーチ社が発表した同時期の
大規模小売店売上平均は、前年比+4.3%で
はやり良い結果を示しました。

一方、ショッパー・トラック社発表の12月24日
までの1週間の全米小売売上推計は、440億ドルの
売上げで前週比で+37.8%、前年比で+14.8%と
大幅に伸びています。
これはクリスマス・イブが入っている週で、消費が
最も伸びる時期でもあります。

12月の累計では前年比+4.7%とICSCや
レッドブックと同じような数字です。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2012maguchart/120101.html

を参照して下さい。

個人消費は、統計数字を見る限り好調です。

今年のクリスマスの天候も良好で、消費には
順風だったようです。

12月26日以降は、気に入らないプレゼントの
返品の嵐になります。

また、値引き販売が多くなり、通常であれば
売上が減少する時期にあたります。

今後の消費動向は重要です。
米国のGDPの3分の2を占める最大の
項目ですから、FRBの金政策の舵取りにも
大きな影響を与えます。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2012年01月01日 10:00記述


                    ページ・トップへ    ホームへ