平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2012年03月20日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート
2012年03月20日


個人消費動向


ショッピング・センター国際評議会(ICSC)が
発表した3月10日の週のチェーン・ストア週間
売上は、前週比+0.7%、前年比は+2.3%と
好調でしたが、年末時期よりは伸びが鈍化傾向です。

レッドブック・リサーチ社が発表した同時期の
大規模小売店売上平均は、前年比+3.3%で
ICSCより良い結果を示しました。

また、ショッパー・トラック社発表の3月10日までの
1週間の全米小売売上推計は、前週比で+5.3%と
大きく伸びましたが、前年比では+0.4%と僅かな伸びに
なりました。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2012maguchart/120320.html

を参照して下さい。

グラフを見て分かるように、個人消費には季節性が
はっきりと見て取れます。

毎年クリスマスの年末商戦がピークで、翌月の1月は
ボトムになります。

先週発表された、2月小売売上げが事前予想を
上回り、米国経済の成長を感じ取り、株式相場は
200ドルの上昇を示しました。

冷静に考えると、2月は1月よりは大きく伸びるのは
例年ですから、それほどはしゃぐ必要はないと
筆者は考えています。

ショッパー・トラック社に言わせると、やはり天候要因が
大きかったようです。

平年を上回る気温で、人々はショッピングに出かけたようです
しかし、ガソリン価格の上昇が懸念要因になっています。

先週発表があった物価指標は少し警戒でしょうか。
物価と消費の関連も注意しておきたい時期です。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2012年03月20日 09:00記述


                    ページ・トップへ    ホームへ