平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2012年04月25日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート
2012年04月25日


新築住宅販売件数


昨日の米国市場で、標記経済指標が
発表されました。

3月の同指標は、季節調整後年率換算で
32.8万戸でしたが、事前予想よりは良い数字だ
との評価でした。

同時に2月ケース・シラー住宅価格指数の
発表もあり、17ヶ月連続の前年比マイナスでした。

住宅価格の下落が続いていますが、そろそろ底に
達する時期に近いのではないかと思います。

そうは言っても、住宅需要が盛上り、今後どんどん
住宅価格が上昇するとは考えていません。

下げたものが下げ止まるだけだと思います。

しかし、米国は日本とは違い、人口増加国ですから、
住宅需要は「ゼロ」ではないことも肝に銘じることが
大切です。

例えば、人口が3億人で年間1%増加するとすれば、
300万人増加する訳ですから、その内何割かは住宅を
購入することが考えられます。

大多数は中古住宅を購入するでしょうが、何割かは
新築住宅を購入する筈です。

新築住宅販売が約30万戸だとすれば、1割の人々が
新築住宅を購入していると考えられます。

この数字が大きいのか小さいのか…。
評価は分かれます。

これは、新築住宅販売件数のグラフは、

http://www.yuji-hiramatsu.com/2012maguchart/120425.html

を参照して下さい。

歴史的に惨憺たるレベルです。

多少増加しても、焼け石に水です。
しかし、その割に木材価格の上昇が目に付きます。

グラフ左上に木材先物価格のチャートを添付しています。
最近の上昇が目立ちます。

今後さらに住宅需要が増すことを示唆しているような
チャートです。

本当でしょうか?

<本日の相場の一言>

米国株は、結構危ないところです。
本日は、アップルの決算で上昇しそうですが、
維持できるかどうか。
維持できなければ、下落余地大です!


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2012年04月25日 13:00記述


                    ページ・トップへ    ホームへ