平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2012年08月20日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート
2012年08月20日


失業保険請求件数


6月に失業保険請求件数の下方修正についての
レポートをするように書きました。

しかし、直ぐにレポートせずに2ヶ月もずれ込み
申し訳ありませんでした。

どこかの国の総理大臣が、「近い内に信を問う」と
言ったのと同じように、時間の概念が間違って
いたようです。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2012maguchart/120820.html

を参照して下さい。

毎週発表される失業保険請求件数のグラフです。
紺色が原数値で、翌週修正値が出ます。

その修正値をプロットしたのが、オレンジ色の
曲線です。

直ぐに分かるように、紺色の原数値は必ずオレンジ色の
修正値の下に位置しています。

昨年春以降、すでに59週間連続して下方修正
されています。

また59週前は恐らく偶然下方修正されなかっただけの、
原数値通りの結果でした。

上方修正されたのはさらに遡ることになります。

米国の経済指標の信憑性にはいつも懐疑的に
見ていますが、この失業保険請求件数は、市場参加者を
馬鹿にした経済指標です。

毎週発表される数値は、必ず低い数値で発表され、
より良い見せかけの数値です。

中国の経済指標は指標ではなく、共産党の思惑で
作られた数字だと考えるのが常識的ですが、米国の
経済指標も中国並みです。

毎週下方修正されるのであれば、季節調整方法を
まともな数学者や統計学者に任せれば良いものを
数字に手心を加えたいために、わざと違う数値を
発表しているのです。

下らない経済指標につき合わされ、バブル醸成に
加担する市場参加者は哀れです。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2012年08月20日 09:00記述


                    ページ・トップへ   ホームへ