平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2012年10月17日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート
2012年10月17日


小売売上高


10月15日に発表された9月米国の小売売上高は、
市場予想を上回る前月比+1.1%でした。
また、8月分は+0.8%から+1.2%へ上昇修正されました。

先日発表された雇用統計のように現職大統領に有利な
経済統計だと言えます。

不正に経済統計が捻じ曲げられたとは言えませんが、
雇用統計は、はっきり言ってサプライズで個人的には
疑義を持っています。

しかし、この小売売上高はマニピュレートされたとは
思えません。

なぜならば、この指数は変動幅が大きいことで知られて
いますから、多少大幅な上下があっても決して不思議では
ありません。

例えば、月次の数値はプラスマイナス1%を越すことは
よくあるケースです。

変動を大きくする要因は、自動車販売が大きな影響を
与えるからです。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2012maguchart/121017.html

を参照して下さい。

前年比の方が前月比よりはスムーズですが、それでも
変動幅は大きい経済統計だと言えます。

大胆に言えば、個人消費は健闘していますが、昨年
春辺りがどうやらピークだったと思っています。

個人消費は米国のGDP成長率の7割を占める大きな
項目ですが、時間の経過とともに、小売売上高は
なだらかに下落して行くのではないかと見ています

しかし、個人のバランス・シートの改善が進み、
クレジット・カードで買い物がし易い環境にもなって
いるようですから、この辺りで個人消費に火が付く
ような展開になれば、個人的な考えは外れることに
なるかも知れませんが…。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2012年10月17日 09:00記述


                    ページ・トップへ   ホームへ