平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2013年01月26日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート
2013年01月26日


週間ホテル客室稼働率


01月19日で終了した1週間のホテル客室
稼働率が、スミス・トラベル・リサーチ社から
発表されました。

稼働率は前年比+6.1%の54.5%と好調で、
宿泊料金は、前年比+5.6%の上昇で
105.73ドルでした。

1部屋当りの利益は、前年比+12.1%上昇の
57.57ドルとこれも絶好調でした

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2013maguchart/130126.html

を参照して下さい。

昨年は年初スター時点ではそれほど好調では
ありませんでした。

しかし、その後年後半には、リーマン・ショック前の
平均的な水準にまで回復していました。

今年は、スタート・ダッシュです。
ホテル業界は好調です。

これから春になるにつれて、ビジネス需要が
大きくなる季節です。

ホテル産業はようやく利益率も改善し始めています。
これまでは稼働率が改善しても利益率はそれほど
改善していませんでした。

この産業での雇用も期待できるかも知れません。
また、対ユーロでのドル安が継続していますので、
海外から、特に欧州からの旅行客が増加する
可能性もあります。

この指標からは米国マクロ経済は大きくマイナスに
へこむ要素は多くないようです。

為替でドル高にならなければなおさらです。

今後は新規のホテル建設が出てくるでしょうが、
まだ需給はタイトです

しかし両刃の剣であることは忘れてはいけません。
経済が好調であれば、金融政策で変化が生じる
可能性はあります。

金融政策の変更は大変化です!


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2013年01月26日 13:00記述


                    ページ・トップへ   ホームへ