平松雄二の 株と為替に勝つ!
ホーム>まぐまぐ!過去のメルマガ>2013年06月20日
過去のメルマガ
2009年
2010年
チャートの小部屋
用語集
欧州信用危機小年表
まぐまぐ!過去のメルマガ
まぐまぐ!チャート
2013年06月20日


米国商業不動産市場の先行指標


昨年春以降初めてのレポートです。

米建築家協会から、5月建築請求指数の発表が
ありました。

この指数は、ディフュージョン指数で、協会傘下の
協会員が発行する請求書の金額の増減を指数化
したもので、「50」が景況感の境目となり、「50」を
上回ると事業拡大を示し、「50」を下回ると事業
環境が悪化していることを示します。

また、毎月発表されている建設支出や商業不動産
市場の先行指標として考えられています。

調査対象は個人住宅でなく、商工業施設建設・
ホテル・事務所・学校・病院等の建設です。

5月の指数は52.9と大きく反発し、4月の48.6
から1ヶ月で業界全体が拡大している状況へ
戻りました。

しかしながら、指数の上下動が激しく、商業
不動産市場が完全に回復したと確信できない
状況だとも言えそうです。

この指数は、大まかに言って、建設支出や商業
不動産投資に9ヶ月から12ヶ月先行すると
言われています。

そのため、年後半の建設支出や商業不動産市場は
ある程度好調な数値が発表されるものと同協会では
考えています。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2013maguchart/130620.html

を参照して下さい。

FRBは量的緩和の出口戦略について説明し、
世界の市場はそれなりに反応しています。

商業不動産は、FRBの出口戦略を支えるような
数値を出し続けるでしょうか。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2013年06月20日 21:45記述


                    ページ・トップへ   ホームへ